投稿者「EGH」のアーカイブ

“英雄传说”in China 川崎真一朗 番外編

いやはや急転直下の中国遠征でしが番外編もいってみましょう。

滞在中は、スタッフの方々から至れり尽くせりの待遇とおもてなしを頂きました。
一方では、至る所でこの国の洗礼を受けました。
現地のホテル到着時はlineが使えたのですが、その後うわさ通り使えなくなりました。こりゃ~不便です。またホテル内には自動販売機がない。日本語は勿論のこと小学生レベルの英単語すら通用しませんでした💦ホテルでRestroomが通じない!マジか?
遠征唯一の外出、門を出てすぐに超市(コンビニのよーなもの)でも店員にBeerと伝えると「無い」のゼスチャー。川崎がスマホで中国語変換したのをみせると…あるやん💦冷蔵庫に入ってないけどビールが数種類。まあベランダの外に出しておけば一瞬で冷えるんですが❅

超一とは、コンビニの様です

太陽は、試合の朝にひと時だけしか見ることができませんでした。
明らかにスモッグで太陽が隠れ、街並みも原色が少なく白黒の世界。
テレビには、PM2.5の数値が常時出てますが川崎の調べでは、シャレにならない危険レベルの様です😓☁☁

うわさ通り、14:30でこの状態です


外出は、もちろんマスク着用です!

食事も朝昼晩、種類が豊富なビッフェ形式。口に合う合わない関係なく高級感を漂わせる食事でした。茶碗一杯程度のラーメン??のコーナーがあり少ない麺と野菜数品をチョイスし茹でてくれます。スープの素も自分でチョイスし待っていると。コックが両人差し指でプラスの形を作っている。何か変なことしたかなと思ったが、指で漢字の「十」。10分待てとのことらしい。あの少ない麺を10分茹でるて…案の定、まったくコシのない麺が出来上がった(笑)

二日目に入るとビッフェに飽きてきました。
こーゆーこともあろーかと気の利く川崎が、大量のカップ麺、缶詰、パックのお粥など川崎商店ができるくらい持ってきた。どーやら私の分まで各2セット持ってきてくれたよーだ!マグロの缶詰に感激していると、更に「桃屋のきざみにんにく」が…これは何に入れても旨すぎる。その後のビッフェに持っていき肉の上にのせるとこれまた旨い!
結局、帰国してすぐ購入し二日でひと缶無くなりました。

川崎商店!商品の一部です。

ビッフェにお粥がありましたが、こっちが旨い!
これほどマグロの缶詰がうまいとは

シンプルなカップヌードルが最高です!

帰国後、さっそく買いました

もう一つ、帰国時のトランジットで上海浦東国際空港にて
搭乗手続きの場所が分からず「インフォメーション」で問い合わせた時の態度はシャレにならない。スマホ見てあくびをしながら答えている。文句を言えばきりがない。日本に生まれて良かった(^_-)

良かった点では、個人的に大ファンだった佐藤嘉洋さんがイベントに同行。
試合後の深夜1:30頃より行われた超豪華な打ち上げパーティーでは川崎と私が円卓テーブル同席です。あのブアカーオにKOで勝った佐藤さんが隣に…凄いオーラです💦佐藤さんは、何でも気さくに答えて下さいました。
川崎は、練習方法など聞くことができ、名古屋Krushの出場と対戦相手を指名し直訴。
強烈なインパクトを持って頂けたよーな感触です。うっかりして佐藤さんと写メとるの忘れました💦が…
佐藤さん、名古屋Krush願いします。

超豪華な打ち上げ。この後も特盛どん兵衛

戦いが終われば

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, ざつだん, 格闘技 | コメントする

“英雄传说”in China 川崎真一朗 リハ&試合編

本計量の後は、リハーサルと報道用の撮影のためバスで1時間弱ほどの会場へ。
到着してビックリ!馬鹿デカい会場の中は、入場ステージに特大パネル数枚、リングの上にも4面。花道も数十メートルもある。ライトアップの演出もド派手にラスベガスのイベントにも負けず劣らずです。しかも、この大晦日に中国全土に生放送!半端ない力の入れようです。
このステージでファイトする選手は、ファイター冥利に尽きます。
付き添いではありながら、こんなビッグイベントに私が参加してしいのか?不安になるほどでした。

会場内にも

バックヤード入り口にのぼりが


さて、試合当日は、夕方まですること無し。いつもの大晦日の慌ただしさも無し。
外に出るにも極寒に加えて門を出るまで数百メートあり外出する気にもならず、食っては寝るの繰り返し。

夕方5時、いざ出発🚌会場の警備員は、恐らく数百人態勢。いたるところに複数の警備員が💦
試合もセミファイナルの前で時間は有り余るほどありますが少しずづ緊張が…
川崎はテレビカメラ付き取材のインタビューが入ったり、ビッグファイトのバンテージチェックは、K-1並に厳しいだろ~な~と考えたりと…

控室に入るとやはりタイ人らしいバンテージチェッカーが常駐していた。
が…前の選手のチェックを見ていると…??ほとんど見てな~い(笑)
風貌もタイの街を歩いていただけのおにーちゃんの様に見えてきた。
よそ見をしながら少しだけ拳の辺りを触っただけで「OK」とサインしてくれた。
ヴぇー!明らかに見てな~い!しかもチェックが「OK」って💦💦
ワセリンも塗り放題。気が付けば禁止されているタイオイルの匂いが部屋中に充満している。配給されているテープは、明らかに粘着力がなく、新品でありながらすべてが全く使えない粗悪品だった。出たな○国!イベントはともかく、消耗品では本来の姿を見せてくれた。

こ、これバンテージチェックのサイン?

こんなもん、使えるかぁ~!!


使いまわし無し!一人一組のグローブが支給されます。

いよいよ川崎の出番。今、何時なのか?年が明けているのかも分かりません。
数色のライトが照らす中、会場の注目を浴びながら花道を進む。
リングの前で蹲踞。目をつぶって集中し拳で地面を打ちリングへ!

相手のリュウ・ウェイ選手とのキャリアの差は4倍以上で且つチャンピオン。
強い左ストレートと右フック。それと至近距離からの膝は、要注意項目としてあげていた。
1R 川崎の良いローがHITするも前に出てくる。川崎のジャブに合わせて前蹴り。
この前蹴りがあり中に入れない。中盤、予想していなかった中間距離からの膝が伸び川崎の腹を刺す。川崎も負けじと打ち返すがロープを背負ってしまう展開に。
2R どんどんプレッシャーを掛けてくるリュウ選手。攻撃の中心を膝にしてコーナーへ詰める。「回れ!」の声にも腹が効いているのか川崎が動けない。そこに数発のヒザと要注意の左ストレートをモロに貰いダウン。悶絶打ちながらも立つ川崎。力を振り絞ってパンチを出す川崎だったが3回のダウンを奪われKO負け。

川崎にもトロフィーが…
しかしこれがぁ💦

あのエグイ膝をもろに受けの最初のダウンで立てないと私自身が思ってました。
負けてしまったものの、あそこから反撃したのは、川崎のメンタル面の強さと日々怠らず練習をしている成果かと。同行して頂いていた佐藤嘉洋さんからも今後の活躍に激励を頂きました。これは、必ず後に繋がる試合だと確信しています。

試合後、リュウ選手に挨拶したいと控室に行った。
やはりYou Tubeで色々と川崎を研究していたようです。
川崎の攻撃の〇〇が、メチャクチャ嫌だったと言ってました。
今後の武器になりそうです。

ちなみにリュウ・ウェイ選手、めっちゃえぇやつでした。

彼女、汗かきながら一生懸命に通訳してくれているんですが…

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, 格闘技 | コメントする

“英雄传说” in China 川崎真一朗 入国&計量編

ホンの数週間前に川崎の試合が決まり、2017年は人生初の海外年越しとなった。
川崎とは、関西国際空港で待ち合わせた。大きなスーツケースを2つとスーツカバーにリュック。中国では、水や食べ物で中毒を起こすという情報がありスーツケースの中身は、食料と水分が7割を占めているらしい。
腹痛では試合も出来ないし、それも仕方なしでしょう。もうチョイや👊

さすが川崎!体重は、既にリミット近辺。…ではあるが、もちろん機内食と水分はNG。
こちらは、少々遠慮しながら食事させてもらいました。
それにしても寒さ対策で着ていたヒートテックが爆発的に暑い🔥

あれよと話ししてる間に上海浦東国際空港へ到着。非常に簡素な入国審査を経て中国に入国。同イベントでタイトルマッチを控える顕修塾さんグループと合流。数回目の訪中らしく非常に心強っかたです。
乗り換えて2時間半ほどで目的地の瀋陽桃仙空港へ。こここそ最低気温がマイナス20℃をマークするという極寒地帯。購入してきた耳当て付き帽子と登山用手袋を装着し外に出た。送迎の車まで数百メートルだが、身が切れそうな寒さ。カバンを車に入れるのをもたつく中国人スタッフに少しイラッするほどの寒さです。それと何かを燃やしたよーな匂いは何なのか?

中国の高速道路を通ると、驚いたことにラスベガス並のネオンが永遠と続きます。
この光景を見る限りでは、中身はともかく日本は経済的に劣勢に立っていると思いました。

車に乗ること約1時間。宿泊先の遼寧友誼賓館に到着。敷地は58万平方メートル!ほぼ新宿御苑の広さ💦
中国のトップ近平ちゃんも宿泊する迎賓館のよーな宿です。貧相なビジネスホテルを想定していたのでありがたかったです。

到着すると英雄伝説のスタッフさんが出迎えてくれました。
用意よく?ヘルスメーターがあり、川崎が計量するとほぼ契約ウエイト。
明日の朝8時が本計量なのでバッチグー(死語か?)
ミーテイングの後は撮影をして開放され二人とも部屋で瞬眠zzz

翌日、起きてスグの計量。選手にとっては、昼より楽なよーです。
予備計量で、700gアンダー。本計量待たずに500mlの水を飲み。
250gアンダーで見事パス。

その後は、宿が用意する朝食バイキング。まぁまぁ期待を上回る味です。
が、ここでも生の野菜には手を付けず、肉とお粥を中心。朝食は少し控えめだったが、試合まで?(試合後も)の格闘家の食事の量には驚かされました!

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, 格闘技 | コメントする

2017年度 お仕事終了~~

今年もありがとうございました
皆様のお陰で2017年 リフレ江坂治療院の仕事もすべて無事に終了しました。

来年も1月4日より通常営業しておりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

PS お年玉割引の合言葉は、1/3までにキャンペーンに掲載されます。
初めての方もお使いいただけますので是非!

リフレ江坂治療院
吉田正樹

来年は、俺の年だぁ~👊🔥

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, ざつだん | コメントする

大晦日のビッグイベントに参戦 川崎真一朗

隠していた訳ではないのですが、リリースが少し遅すぎです💦
どーやら年越しは、こいつと二人で初の海外になりそうです 🛫
色々あったこの一年。2017年の月心会最後を締めくくるは、ラスカルジム川崎真一朗だ!
前回のアップした和島、龍矢とほぼ平行に実は川崎も動いていました。
12月31日の大晦日に中国は遼寧省瀋陽市で行われる超ビッグイベント「英雄伝説」に参戦する。

川崎から私に話が来たときに「出たいのか?」と来たところ「絶対出たいです。一人でも行きます👊」と即答。その熱意Dr.りふれが買して頂こう🔥🔥🔥

しかし、相手がキャリア約40戦の中国チャンピオンに9戦目の川崎が挑むことになる…
完全アウェイで試合順もセミファイナルの前。
しかも敵はそれだけではない。現地の最低気温はマイナス20℃ ☃ ☃ ☃水は、うがいも不可 💦 💦さらに場所は、最近いけない花火を打ち上げて喜んでいるエリンギヘッド君の国のすぐお隣 🚀 🚀

まぁえぇやろう!このチャンスものにしてエェ歳むかえよーぜ!


https://www.k-1.co.jp/news/27133/

 

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, 格闘技 | コメントする

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~SURVIVAL WARS 2017~結果

和島が飛んだ~🐥やってくれました🔥
百戦錬磨の山崎選手にたまーに練習していた飛び膝が3Rに炸裂!
このビックネーム相手にミドルは勿論の事インロー、奥脚にハイキックの乱れ打ち。今回はパンチもよく出ていた。この勝ちはデカい!
昼のアップですでにレギュラーとなったデスクを相手にミドルを何発打ち込むこんだのか?あのNino-mitt 2016をしてもデスクの腕を破壊。「昼食のカツカレーのカツがフォークでさせませんでした!」と新たな伝説を作った。
本人もマイクアピールしていたが、次は3月のk-1出場が期待される!
メンツを見れば…正真正銘K-1のトップが来るでぇ~。
喜んでばかりいられない。頭を切り替えて用意をせねば。

一方、急きょ11月のk-1甲子園優勝したタツヤも参戦となった。
相手は、Kのリングでバリバリ売り出し中のKrush -58kgのチャンピオン西京春馬選手と対戦。
Krush -53kgチャンピオンの軍司選手も倒しているタツヤ。西京選手も倒せば、これまた大変なことになる…と思ったらあっさりペロリ。西京選手をほぼ完封し勝利。
しっかり入って強打をHITさせ、しっかり外に出る。相手の攻撃には、必ず打ち返す。解説の魔裟斗も絶賛の戦いぶりでした。
和島と共にお昼のアップ参加した時は、ミットを持ていても回転がめちゃ速く追いつかない。何よりも勝ちたいと思う気持ちが人一倍強いハートを持っている。
何と、まだ高校生。今後が楽しみです。

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, 格闘技 | コメントする

K-1本戦へ 和島大海

キタ――(゚∀゚)――!!
ラスカルジムでも練習をしている和島大海が12/27の
「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~SURVIVAL WARS 2017~」に出場が決まった。相手は、戦歴40戦を超えるK-1、Krushでも常連のメジャーファイター山崎陽一選手。

いよいよK-1の本戦に登場です。
この時期にこの相手と対戦する重要性は、本人も十分に心得ており早くも気合十分。ここ数戦の結果は、ひとまずリセットしてこの試合に完全集中や。

試合までマダ1ヶ月半ほどある。
じっくり、みっちり、しっかりと練習していこ~ぜ。
俺で良ければ、なんぼでも手伝うでぇ~!

 

 

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, 格闘技 | コメントする

膝痛 膝(ひざ)の痛み 変形性膝関節症…? PART 2

取りあえず腰より上、上半身の治療から始めました。
膝痛の影響もありながらの看護師さんの激務のせいか?心身共に状態は良くありません。こちらの治療も必要なのでTさんの1回の施術時間は、必然的に多く取るようにしました。

問題のヒザの方ですが、私の検査では屈曲(曲げる)時と伸展(伸ばす)時にヒザの中心部と外側に激痛が走り、特に膝に近い太もも外側の筋肉に違和感あり。

一通りの検査を終え、問診時に聞いた“突然の激痛やヒアルロン酸治療の効果が少ない“ことなどから変形性膝関節症による痛みなのか少し疑問に思いました。
レントゲンの映像に出ていてお医者様の診断で変形性膝関節症は間違いないと思いますが、Tさんの膝の激痛とは関係が薄いように感じました。

そんなこともあり治療のターゲットは、他の部位に定め重点的に治療することにしました。Tさんには、週2-3日ほどのペースで来院頂ければとお伝えし本格的な治療を開始。
具体的な治療方法は、患者様それぞれありますのでご説明を控えますが、治療時にはご説明させて頂いております。

経緯としては
1週間目 痛みが少し和らぐ(痛みのレベル9⇒7)
2週間目 膝の曲げ伸ばしが出来るようになりイスやトイレの立ち上がりがスムーズに(痛みのレベル7⇒5)
3週間目 松葉づえが無しでの歩行が可能となる。(痛みのレベル 5⇒3)
4週間目 階段の上り下りもスムーズとなる。

約10回ほど来院頂きましたが、ほぼ不便なく日常生活がおくれるようになったことと、Tさんの不安が無くなったことで膝の治療は終了です。自宅でできる簡単な膝周辺の筋肉を鍛える運動をお勧めしました。
Tさんが傷みのポイントを的確に伝えて頂いたことと、多少の痛みを伴う治療でしたが耐えて頂いたことが良い結果に結びついたものと思います。

確かにお医者様の診断の通り変形性膝関節症もあるのだと思います。
しかしながら、それに執着してしまうのも問題があると私個人として勉強させて頂いた症例でした。
この症例のように痛みが引かない膝の痛みも改善する可能性はあります。
是非一度、リフレ江坂治療院(☜クリック)へご相談してみて下さい。

補足として、この治療から約1年半ほど経ちますがその後のTさんの来院は無しです💦
きっと完治して頂いたものと思っています。

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, カイロプラクティック | コメントする

膝痛 膝(ひざ)の痛み 変形性膝関節症…? PART 1

たま~には、カイロプラクティックの記事もアップしましょう。
てなわけで、今回は「膝の痛み」です。
膝の痛みは、非常に厄介で痛みの酷い方は階段の上り下りや歩行すら困難になるなど生活の質も大きく低下します。
今回は、突然に膝に激痛が走った方の症例報告です。

患者様 : Tさん 54歳 女性
職業 : 看護師
症状 : 左膝の痛み
痛み違和感のレベル(10段階) : 「9」 (当院初診時)
補足 : 1ヵ月ほど前に球場で足を組みスポーツを観戦していて、逆に足を組み替えた時に膝に激痛が走る。そのあと、膝の痛みで帰宅も困難。翌日に整骨院、整形外科で治療後も痛みが引かず約1ヶ月後の来院。
発症時とヒザの痛みは変わらず、松葉づえを使用しなければ歩行が困難。
既往歴は、4年前に軽い交通事故歴有り。反対のヒザを痛めたが特に外傷は無かったとのこと。

発症の翌日、行きつけの整骨院に行ったが改善せず。膝の周りの腫れと炎症が酷かったのでスグに整形外科へ。レントゲンにより変形性膝関節症と診断される。膝に溜まっていた水を抜く。仕事の時は、サポータを着用するがイスから立ち上がるのにも時間が掛かり、移動には松葉づえを利用。
その後、週1回のペースで約5回ヒアルロン酸を膝に注射&電気にて治療。
治療後は、少し楽になったような気がするが(レベル9⇒8)、翌日には、痛みが元に戻っていたとのこと。
「もう治らないのでは」との不安もあり、
ヒアルロン酸の治療終了の区切りで当院へ来られました。(ご紹介にて)

結論から言えば、今回のケースは発症より約1ヶ月半ほど経っていたので比較的早く結果を出せた要因でもありました。
というのも膝は、首や腰と違いほぼ全体重が掛かる部位です。
この為、炎症が酷い時に痛みのあるところへの治療は、かなり制限されてしまいす。

さて、Tさんが初診に来られた時の状況は、痛めたヒザをかばいやや前傾で補助が無ければ歩けない状態で入室されました。

問診のあと触診に移るのですが、ヒザの前に胸椎部から腰椎部が気になったのでチェック。異常な程の張りあり「何かしていますか?」問い合わせたところ
接骨院よりゴルフボール?を下に置き背中部から腰部まで体重を掛け転がすよう勧められたとのこと!
ホントですか?接骨院から?考えられません!確実に筋肉他が傷みます!
膝と並行して治療するので、スグにやめて頂くようお伝えしました。
加えて、1カ月半ほどヒザをかばいながらの生活で、全体的なバランスから治療していかなければなりません。

問題のヒザの方ですが、屈曲(曲げる)時にヒザの中心部と外側に激痛が走り
触診では、特に外側の筋肉の動きに違和感あり。
整形外科では、変形性膝関節症による痛みとの診断の様ですが膝関節の変形とは、関係が薄いように感じました。

PART 2

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, カイロプラクティック | コメントする

爆蹴りKO 👊和島 Khaos.4 結果

一方の和島もセミファイナルに登場。
こちらも前日の計量をジャストリミットでパス!
川崎も来ているので、話し相手もおりいつもよりゆったりとした様子。

アップ場所のブッキングトラブルがあったものの「そんなの関係ねぇ~🎶」といった感じで余裕の表情。いい意味でリラックスできている。
場所は、会場の新宿FACEから徒歩圏内のGood Location。
リクエストにより軽くマッサージの後、さっそく軽くシャドーしパンチのミット。
動きも良く、減量の影響もさほどなさそーだ。
今回は、デスクもお手伝いに参加なので大助かり!和島をデスクに預け、私は川崎のアップへ。
和島はさっそく蹴りのアップへ。ガムテープで補修しているボロボロのKP-6。デスクが持つ和島の蹴りからは殺意を感じるミット音が…💦
約1時間余りのアップも終了し、試合前の軽い食事をとり新宿FACEへ。

デスクがスマホの地図で会場までのナビゲーション表示してくれました。
「この道ですよ!徒歩で10分程度です。」と見せてくれたスマホが揺れています。
道中、デスクがこそこそと「和島君の蹴り、シャレなりません!手の震えが止まりません!」と半分喜びながら話してくれました(笑)

新宿FACEは、小さな会場です。
その分、選手との距離も近く試合の臨場感たっぷり。

1R グローブを合わせた後、キョーーーレツな左ミドル。会場がどよめきに…
その後も手を緩めない。インロー、左ストレート、左ハイとミットを打つように放つ!
嶋田選手は、ハイをスェーでかわした後に左右のパンチを振り回すが、しっかり見えているよーだ。
和島は、デフェンスお構いなし。ブロックの上からミドルを放り込みダウンを奪う。
サムゴーVS小林聡を思い出します。今日は良いです!「ウチの和島」(笑)
最後は、インローでKO勝ち。

試合後、マイクで12月のK-1出場をアピール。
K-1参戦なるのか?年末の楽しみが増えました(^_-)

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, 格闘技 | コメントする