膝痛 膝(ひざ)の痛み 変形性膝関節症…? PART 2

取りあえず腰より上、上半身の治療から始めました。
膝痛の影響もありながらの看護師さんの激務のせいか?心身共に状態は良くありません。こちらの治療も必要なのでTさんの1回の施術時間は、必然的に多く取るようにしました。

問題のヒザの方ですが、私の検査では屈曲(曲げる)時と伸展(伸ばす)時にヒザの中心部と外側に激痛が走り、特に膝に近い太もも外側の筋肉に違和感あり。

一通りの検査を終え、問診時に聞いた“突然の激痛やヒアルロン酸治療の効果が少ない“ことなどから変形性膝関節症による痛みなのか少し疑問に思いました。
レントゲンの映像に出ていてお医者様の診断で変形性膝関節症は間違いないと思いますが、Tさんの膝の激痛とは関係が薄いように感じました。

そんなこともあり治療のターゲットは、他の部位に定め重点的に治療することにしました。Tさんには、週2-3日ほどのペースで来院頂ければとお伝えし本格的な治療を開始。
具体的な治療方法は、患者様それぞれありますのでご説明を控えますが、治療時にはご説明させて頂いております。

経緯としては
1週間目 痛みが少し和らぐ(痛みのレベル9⇒7)
2週間目 膝の曲げ伸ばしが出来るようになりイスやトイレの立ち上がりがスムーズに(痛みのレベル7⇒5)
3週間目 松葉づえが無しでの歩行が可能となる。(痛みのレベル 5⇒3)
4週間目 階段の上り下りもスムーズとなる。

約10回ほど来院頂きましたが、ほぼ不便なく日常生活がおくれるようになったことと、Tさんの不安が無くなったことで膝の治療は終了です。自宅でできる簡単な膝周辺の筋肉を鍛える運動をお勧めしました。
Tさんが傷みのポイントを的確に伝えて頂いたことと、多少の痛みを伴う治療でしたが耐えて頂いたことが良い結果に結びついたものと思います。

確かにお医者様の診断の通り変形性膝関節症もあるのだと思います。
しかしながら、それに執着してしまうのも問題があると私個人として勉強させて頂いた症例でした。
この症例のように痛みが引かない膝の痛みも改善する可能性はあります。
是非一度、リフレ江坂治療院(☜クリック)へご相談してみて下さい。

補足として、この治療から約1年半ほど経ちますがその後のTさんの来院は無しです💦
きっと完治して頂いたものと思っています。

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, カイロプラクティック パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*