裏ワザ

運転免許証を更新する時期になりました。
更新にあたって、ひとつ気がかりなことがありました。
前回の更新時の視力検査で「ギリギリでOKです。」と言われていたことです。
幼少より視力は、良かったほーなので自動車の運転時にメガネが必要なんて想像もできません。
しかし、前回より視力低下は、確実です。

そこでカイロプラクティックの施術で視力回復の実験をしてみました。
これは、そこらの「偽カイロプラクター」に任せるわけには行きません!!
業界(?)広しといえどもDr.りふれが信頼するカイロプラクティックのドクターは、お二方だけです。
お一人は、カイロ学校でお世話になった榊原先生。LAでもお世話になり今や日本カイロプラクティック界の権威となられています。
もうひと方、Dr,りふれのめまいを治して頂きカイロプラクティックの勉強するきっかけを作って下さったB先生。
B先生とお会いしなければ今のDr.りふれは存在しません。

B先生の施術を受けると視力がよくなるというより目の焦点が合い、物が鮮明に見えることを体感していました。
メガネは避けたいので、これを利用して一度実験を試みることにしました。
★ちなみにDr.りふれの施術後にも焦点が合うよーになったという患者様も多くおられます。

施術前は、両眼での視力が0.6。疲れているときは、0.5以下でした。
確実にメガネ必要…(汗)
チャンスは、一度だけなので入念に作戦を立てました。
治療は、3回/1週間。3回目の治療後直ぐに更新の手続きをすることにしました。

更新の手続きの日、これほど緊張して視力検査に向かうのは初めてです。
わずか4-5枚ほどの検査の結果,,,,,,,,,,,,,,,,,パス\(^^)/
検査官が、すぐに免許交付日の書いた書類をくれたので安心しました。

カイロプラクティック的に言えば、頭蓋骨や上部頚椎に問題があるのですが、
それよりもパソコンなどの目の酷使と心身の疲労が大きく関わってきているのが分かりました。
久しぶりにB先生の施術を受けた日の夜は、極度に眠くなったからです。
これは、神経が正常に働き脳より「疲労しているときは、寝なさい!!」という命令が出されているからです。
改めて自分の体が疲れていることに気付きました。
現在は、治療する側にいますが自分もリフレシュ必要と実感。
これからは、月に一度はB先生の施術を受けようと思っています。

今回は、裏ワザとしてブログにアップしましたが、
決して施術により視力が改善したのでなく、もともと健康時には、その視力だとお考え下さい。
カイロプラクティックによる定期的なリフレシュは、視力を維持するひとつの手段でもあるのです。

リフレシュが必要な方は、ぜひリフレ江坂治療院をご利用ください。

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, カイロプラクティック パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*