四十肩・五十肩・肩関節周囲炎

リフレ江坂治療院にて治療する強い痛みの疾患のひとつとして
四十肩(五十肩)が挙げられます。
肩関節周囲炎ともいわれます。

明らかな原因もなく肩周囲に痛みが発生し
期間は、個人差がありますが数か月~1年以上と長期に渡り症状が続きます。
腕を上げたり肩を動かすだけで激痛が走り、
服の脱着や整髪、歯磨きするのも苦痛になります。
安静時にも痛みが出て、夜間に痛みが増すのも
この病気の特徴です。

当院の患者様は、病院で四十肩と診断されたあと鎮痛剤を飲んでも
痛みが引かず「藁にもすがる思い」で来院されています。
そして、最初の治療時にベッドにうつ伏せになり腕を下げることすら出来ない方も少なくありません。
このため四十肩の治療には、十分な注意と時間が必要となります。

特にこの病気では、肩関節が全く動かせなくなる
「フローズン・ショルダー」(凍結肩)へ進行させないことが最も重要です!
フローズン・ショルダーまで進行してしまうと、
日常生活にまで大きく影響を及ぼしてしまうので早めの対応が必要です。

当院では、多くの患者様が来られています。
四十・五十肩でお困りの方、ぜひリフレ江坂治療院に御相談下さい。
当院では、皆様の健康を取り戻して頂くことのお手伝いをさせて頂きます。

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, カイロプラクティック パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*