復興にむけて

何だかんだで数日間ブログの書き込みができなかったのですが、
「ブログが、upされてない!」
と患者さんよりお叱りのメールを頂きました。
ホントに見てくれてるんだ!と少しびっくりしています。
大災害から2週間がたち、
津波の爪痕・余震・原発の状況など
心配な事はマダマダ沢山ありますが
被災した人たちは、既に復興に向けて力強く動き出しています。
「何かをしたい!」と思っていたところに
私の恩師でもある榊原先生が、
今回の震災のチャリティーセミナーをすると聞き、
27日に参加してきました。
榊原先生と言えば、
オリンピックなどのメジャーなスポーツ大会に
医療チームの一員として公式に同行している他、
世界でも100人余りしかいない
DACBSP(スポーツカイロプラクテックドクター学位)
を取得する。
数々のアスリートたちが治療に訪れる、
スポーツカイロプラクティックの権威だ!
Dr.りふれもカイロプラクティック学校やセミナー、
そしてロサンゼルスに行った時も大変お世話になった先生である。
以前に、榊原先生が東北に住んでおられた事もあり、
震災直後にこのチャリティーセミナーを計画したそうだ。
やっぱり出来る人は、行動が早い!!
Dr.りふれとしても勉強が出来て、協力・募金が出来る!
マサに一石二鳥だ!
セミナーの内容もケーススタディとして
「格闘技の試合中に発生した総腓骨神経完全断裂のケース」
何とも格闘技好きのDr.りふれのハ−トをそそる内容であるももの
この怪我に施術者として、どの様なアプローチが出来るのか興味があった。
患者さんは、アマチュアの総合の選手のよーで、
怪我をした試合の映像(痛!)と治療中の映像もあり、
凄く勉強になるセミナーでした。
セミナーの後は、榊原先生と生徒さん達も交えてのお食事会。
仲間の輪も広がりました!
ありがとうございます。
東日本の復興のためには、周りの人の協力が不可欠です。
多くの人が震災の犠牲になっていますが、
この災害で日本人が忘れかけている大切なものを思い出させて
くれているような気がします。
みんなで頑張りましょう。
日本は、いく度の苦境を乗り越えてきた
「Rising Sun !」の国だ!
講義中の榊原先生
ユーモアに溢れ分かり易く、それでいてアカデミックだ
DRS.jpg

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, カイロプラクティック パーマリンク

復興にむけて への2件のフィードバック

  1. Dr.りふれ のコメント:

    Dr.Sさん
    もう数回のコメントを頂いています。
    ありがとうございます。
    セミナー、とても勉強になりました。
    昔のメンバーにも声をかけておきます。
    ぜひ宜しく!!

  2. Dr.S のコメント:

    初コメントかな?
    こんばんは。
    昨晩はいろいろな意味で
    お疲れ様でした。
    また昔のメンバーで集まって
    飲みましょう!
    Dr.S

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*