Krush.72 (2017/01/15) 挑戦 和島大海 バトル編

いよいよ試合の日。お昼前に和島から「スタジオを借りたのでアップお願いします」と連絡が入った。これは、和島のル-ティーンのひとつ。
さっそく、大阪から持ってきた秘密兵器を持参してスタジオへ向かった。
秘密兵器とは、通称「NINO-mitt 2016」。受け手の負担を極限に抑えたキックミットの最高峰。これさえあれば、しんちゃんの骨が凹みそうな角材の角で蹴られたようなキックでも、和島の骨が割れそうな蹴りにも十分対応できる逸品だ!
二人共どうせなら折ってくれたほ~が、治りが早いのだが…
なお、このミットの名前の由来、メーカー名、スペック他、すべて企業秘密となっている。

さてスタジオを借りた時間は、1時間。しかし和島は、一向に動かない。
体育座りをしてスマホで前回の試合の動画を見るのみ。入ってから40分が経過。ようやく重い腰を上げシャドーをし始めた。残りの10分で軽くパンチのミットして終了。
そしてN師範と合流。これもルーティーンのひとつである試合前にパスタを食べる。
Dr.りふれもN師範にアイスティを御馳走頂いた。ありがとうございます!

16時に聖地 後楽園ホール入り。聖地は少し改装して綺麗になっていました。
控室の仕切りは、カーテン1枚のみ。真後ろで相手選手の声が聞こえます。
さっそく和島は、ドクターチェックとリングチェックを済ませてきた。
セミファイナルともなると、待ち時間は余るほどある。…が、
普段は笑顔が出るのだが、緊張のためか?ほぼ無言の重苦し空気が立ち込めている。

そこへ仕事を終え大阪から直行してこられたラスカル会長が到着!
月心会で最も実戦経験が豊富なラスカル会長が到着したことで和島はひと安心。空気は、一気にバトルモードへ突入!

バンテージを巻きテーピング。試合用のグローブを受け取り、ようやくミットと打ち始めた。
気が焦っているのか?パンチングミットにパンチが合わない。カメラ来てるのに…(笑)
取り合えず、ミットを立てるだけにしてフリーで打たせることに。そしてラスカル会長とコンビネーションのチェック。
1試合前にしてようやく「蹴らしてください」と申し出る。
NINO-mitt 2016の出番です。
4-5発軽く蹴った後、アドレナリン全開のミドルを打ち込む和島。
恐ろしい程のキック音に見来ていた観客がどよめく。
間違いなく過去最高の蹴りである。そのミドルを声を上げながら20-30発打ち込み和島。
徐々に周りの観客の声は、和島の蹴りよりも受け手のDr.りふれへと…
「大丈夫か?」「受け手が壊れる~」などの悲鳴が💦
でも、安心してください!(とにかく明るい安村風)
NINO-mitt 2016が、衝撃を吸収してくれます。
が、こんな蹴りを素で受けるやつの気が知れません。

和島の入場曲が流れ、やや緊張気味でリングイン。
まず、個人的にKrushのセミファイナルのリングに立たせてもらったことに感謝。
カズキのタイトルマッチ以来の興奮でした。

1R ガードを高く上げ強烈な左ミドルでご挨拶。
強いジャブに左ストレート。和島の手数が多い。膝もモロに入り、あの中島選手が下がる場面も。
終盤、中島選手得意の飛び膝を右フックで迎撃。1R目は、上々のデキ。

2R 中島選手側が、作戦変更か?距離を詰めて、インローとボディーブローを多く打ってくる。
今までの相手と違い和島の距離が作れない。終盤には、インローとボディーを適格にHITさせてきた。

3R 和島の未知のラウンドに突入。
中島サイドの作戦通りなのか?明らかに仕留めに来ている。一発貰えば、ヤバいパンチを振り回す。和島も必死に食らいつくが、休ませないかのように前に出てくる。1R目は、確実にダメージを与えているはずだが?もはや当たり前の様に打ってくる。
やはりトップファイターの底力は、伊達ではない!
3R後半は、終始押され気味でゴング。

結果は、0-2の判定負け。まさにレベルが、数段違う。
トップファイターに挑戦した和島だが、控室で惜しさを爆発させていた。

今回は、それに納得してしまいそうなので、あえて褒めないでおこう。
まだまだ、練習不足、スタミナ不足、経験不足だ。
試合後、中島選手にお礼と挨拶をしに行った。
中島選手より「強かったよ。日本人では、群を抜くパワーだった。」
そして「また、上で対戦することになると思う。その時は、宜しく」と。

和島は、勘違いしていないと思うが、中島選手は、和島のポテンシャルの大きさを評価していることを。「上で対戦」とは、「しっかり練習しておいで」ということ。まだまだトップファイターとは、レベルが数段違う。

和島っ!トップファイターと対等に渡り合えるよう、今のうちにしっかり練習しとこ。俺で良ければ、何ぼでも練習付き合うので。

次回は、グルメ編をアップ予定です(^^)v

㊙スタジオでの練習

少し動くが、長くは続かない

相手をイメージしてのチェック

しんちゃんも応援に。次は、お前もや👊

試合後、中島選手と。対戦、ありがとうございました。

関西からの応援団
自称インフルエンザの人も2名、大阪から元気に応援に来てくれました(笑)
それと左側の最上段のヤツ…誰や?
面影崩壊。顔認識不可能や💦

 

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, 格闘技 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*