ラスカル・ジム伝説のファイターM田さん

ラスカル・ジムに所属していたM田さんが、ご家庭の事情により退会された。

M田さんは、若い頃にケガをして右腕麻痺の重傷を負った。
それから数年、どうしても格闘技をやりたいとラスカル・ジムに入門。
右腕だけでなく、他にも身体のコンディションが良くなかったM田さんだが
可能な日は、必ずジムに来て人一倍たくさんの汗を流していた。

利き腕だった右腕が使えなくても強烈な左ストレートを打ち、
バランスがとりにくいはずだが、十分に相手にダメージを与えれるキックを習得。

数年前になるが、そんな彼にリングに上がるチャンスが訪れる。
ある大会でセミプロとのエキビジョンマッチだ。

常日頃から選手への安全面に最重点を置くラスカル会長であるが、
練習の熱心さや試合をしたいという熱意に押される形で「OK」を
出したのであろう。

それからは、ラスカル会長と特訓の日々。
片腕でのディフェンスの方法や左のパンチから蹴りへのコンビネーションなど
実戦向きの練習へと切り替わった。

そして当日、着々と試合への準備が始まり緊張が走る。
右腕をバンテージで固定する時に少し震えているのがわかった。
「これが、したかったんやろ!」と声をかけると
「ハイ!」と大きな声で返答、ようやくスイッチが入った。

試合は、相手選手もM田さんに試合の緊迫感を楽しんでもらおうと
M田さんを転倒させる程ビシバシと打ってくる。
M田さんも練習したコンビネーション繰り出す展開。
2Rをフルに戦いぬき会場からは、大きな拍手が渦巻いたことは、
鮮明に覚えている。
ある意味で、私が観たベストファイトのひとつといえよう!

数々の苦難を乗り越え、練習を重ねてリングに上がったM田さんは、
忘れてはいけないラスカルジム伝説のファイターだ!

退会前、M田さんから届いた挨拶のメールには、
「もっと前にでないとダメでした!」と。
いやいや十分前に出てましたよ!M田さん!!

ラスカルジムの若い奴らは、
「練習ができる!」「試合ができる!」だけでも
ありがたいと思わねば。

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, 格闘技 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*