ざ・残念!

12月22日、後楽園ホールで行われたKrush−55kg初代王座決定トーナメントで
KENJI選手(DC LAB. GYM)と対戦したカズキは、
残念ながら2R KO負けでした。
応援して頂いた皆様、ありがとうございました。
1R、開始早々に強烈な左フックでダウン!
誰もがダメだと思ったがカウント8で立ち上がり反撃!
得意の打ち合いで逆にKENJI選手を追い詰める。
2R、KENJI選手は、ローを連打。
それに対し左右のパンチで対抗するも0分55秒 再度左フックを浴び撃沈!
残念な結果ではあったが、
相手は”元”NJKFフライ級王者とWPMO世界フライ級王者のタイトルホルダーだったほどの実力者。
プロ5戦目のカズキとは、実力やキャリア共に格段の差がある選手。
その選手をダウン後に前に出て追い込んでいった闘志には拍手モノだ。
試合が終わった後は、悔しがり少し落ち込んでいたが2日後にはジムに来て練習を再開。
プロの格闘家として大切なスピリッツを持っている。
この気持ちがあれば更に強くなれるはず!頑張れ!
今回、お手伝いをさせて頂いたので”夢の後楽園ホールの控室”へPASSを貰い堂々と入らせてもらった。
しかも舞台は生放送の初代王座決定トーナメント。
こんな日が来るとは….(涙)
6-8畳ほどの狭い控室には、山本優弥、石川直生、寺戸伸近…テレビでしか見たことないBIG NAMEたちが横に座っている…
色々な出来事がありましたが、飲み会で口が緩んだ時にでも(笑)
会場は、超満員! 
%B4%D1%B5%D2.jpg

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, 格闘技 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*