初のオーケストラ

3/15は久しぶりの奈良へ。営業の仕事で来た時以来です。
近鉄奈良駅の近くは、歴史を感じさせてくれる店もあれば、お洒落なイタリアンのお店ありと多彩です。
順番が逆になりましたが、この日の夜は、ご存じ「悪夢のまりお流」。その前は奈良県文化会館 国際ホールにて「奈良県立ジュニアオーケストラ 第4回定期演奏会」を観賞してきました。

ソプラノ?アルト?の歌手である同級生Sさんにお願いしてチケットを頂きました。ちなみに同窓会でSさんが唄う「タイタニック」は、カラオケのレベルではアリマセン(汗)
その息子さんGAKUさん(立派な成人です)が、ピアノ演奏のゲストで出演されます。ヨーロッパで勉強されているGAKUさんもピアノで数々の賞を受賞されているようです。
音楽といえば、好きなジャンルがへヴィーメタル、趣味がカラオケ程度のDr.りふれにとって初のオーケストラです。大丈夫やろかぁ…?
会場の玄関は、キックボクシングの会場と違い(笑)、上品でセレブそうな人ばかり。こんなところに入っていいのかな…と思いましたが、お一人上下ジャージの人もいたので安心しました(笑)

会場は、超満員。しかし音楽鑑賞のイベントなので静かです。
大きな拍手で指揮者が迎え入れられ演奏のスタート。
指揮者に合わせ素晴らしい音色が会場に鳴り響きます。一曲が約30分と長く、どこが終わりなのかもわかりません。危うく一人で拍手をしてしまいそうな場面が何度もありました(汗)
素晴らしい…素晴らしんですが、Dr.りふれには指揮者のオーバーアクションが気になります。
感情を身体全体で表現しているんですが、念力を送っているようにも見えました(汗)ある場面では、ヒーロー戦隊モノの変身ポーズにも見えます(汗&汗)
こんな見方をしている不届きモノは、おそらく会場内で私一人だけでしょう…

さて次は、GAKUさんの演奏となります。
曲は、「ピアノ協奏曲 第1番/ベートーベン」…もちろん初耳です(笑)
曲の途中でピアノが入るんですが、なんしか一曲が長い。
長い曲の中でもピアノが入る時ヒーローいや指揮者は、GAKUさんの方を向きます。当たり前なんですが、すべてを把握しています。
素人なので詳しくわかりませんが、流れるような演奏のなかで音の強弱や長さの変化でピアノが何かを訴えているように感じられます。

演奏後は、拍手喝采が続きGAKUさんなんと3回も舞台に戻り挨拶してました。

素晴らしい演奏を聴いて会場を後にした時には、上流階級の仲間入りが出来たと錯覚しましたね(笑)
また機会があれば、行きたいですね!(^^)!

せんとくんがお出迎え
せんとくん

ぅ~ん、念力注入か
指揮者

GAKUさんの演奏後、拍手がやみません
がくさん

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, ざつだん パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*