NY → LV爆笑&爆勝の旅!         ニューヨーク編 Ⅲ

ここから予想外のトラブルが連発…
次の日の用意をしていたところ
長年愛用していた超旧式の電子辞書が、何処を探しても見当たらない。
海外では、パスポート、現金、クレジットカードの次くらいに大切な
ライフラインとも言える電子辞書をLOST!
しかもニューヨーカーの話す英語は、今まで行った西海岸の発音とは全く違っている。
タダでさえ大変なのにこれは…悪戦苦闘を強いられそうだ(汗)

加えてKが、「何か寒いっすわ~!」と言いだした。
確かに夜になってニューヨークは、その牙を見せ始めており
「俺も寒い」と気にせずにいたが…
翌朝、「間違いなく風邪ひきました」との報告!
その日は、極寒のなか船から自由の女神、名物ステーキ店、摩天楼の夜景を予定。
行けるのか?
Kは、完全防寒で出発した。

その日のNYは、船に乗らなくても寒いが自由の女神を見る為に乗船。
ダウンタウンのビル街を眺めながらさらに南へ。
残念ながら、台風の影響でリバティー島には上陸出来なかったが、
取りあえず、写真は大量に撮っておいた。

船から降りた後、間髪入れずにNYの地下鉄を利用してステーキ店へ。
この地下鉄でもトラブルが…
初のNY地下鉄。それは、LAと違って非常に複雑でややこしい。
どうやっても目的地に到達出来ない。
電車内でガイドブックを見ながら悩んでいると米国人夫婦が
「どこに行きたいんだ?」声を掛けてくれた。
紳士が、「その駅なら次の駅でxx LINEに乗り換えだ!」
さっきその駅で降りたが、xx LINEが無かったことを伝えたら、
「よし!俺が連れて行ってやる!」と!
何とやさしい米国人紳士だ!
これは、商社に勤めていた時の米国人への偏見を考え直さねばならない。
と、その真面目そうな紳士付いて行ったがxx LINEは、無かった(汗)

しかしながらその紳士(ご夫婦)のやさしさには、感謝です!

何んとか最寄り駅のフランクリン St駅にたどり着き
目的地Wolfgang’s Steakhouse  Tribeca店に到達。
ガイドブックの端から端までを読破するKによればかなりの実力店のよーだ。

風邪引きに加えてかなりの遠方まで苦労しての訪問になる。
そこそこのテイストでは、許すことは出来ないところだ!

いつもながらメニューの内容が理解できず適当に注文し、そして肉を一口…
今までLVで食べているCraftsteakをアメリカのステーキ最強としていた。
が…Wolfgang’s Steakhouseがタイトル奪取した。

こいつは、旨い。外はカリカリ、中は柔らかく、苦にならない程の脂身があり
塩コショウが効いて日本人好みではないだろうか!
ホテルから離れたところまで来た甲斐があった。

と思ったが、その後ガイドブックの地図を見ていたら
ホテルから徒歩圏内に同店があったのだった(=_=)

取りあえずホテルに帰り、しばしの休憩。
夜景見学のエンパイアステートビルまで行ったものの
天候不良によりクローズ&ホテルへUターン!
明日の昼に行くことになった。

Kが、風邪引きなので丁度良いかな?と思っていたが。
タイムズスクエアーに土産を買いに行くと言っている!!大丈夫か??

案の定、帰ってきたら寒気が酷くなっているようだ。
その日の就寝時には芽が出てきそうなくらい暖房を効かせて寝ることになった(汗)

さらに続く…

B1DSC01755

B2DSC01757

B3DSC01758

B4DSC01774

B6DSC01779

B7DSC01789

B8DSC01794

B8DSC01790

BB1DSC01807

BB2DSC01804

BB3DSC01809

BB3DSC01813

BB4DSC01816

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, ざつだん パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*