膝痛 膝(ひざ)の痛み 変形性膝関節症…? PART 1

たま~には、カイロプラクティックの記事もアップしましょう。
てなわけで、今回は「膝の痛み」です。
膝の痛みは、非常に厄介で痛みの酷い方は階段の上り下りや歩行すら困難になるなど生活の質も大きく低下します。
今回は、突然に膝に激痛が走った方の症例報告です。

患者様 : Tさん 54歳 女性
職業 : 看護師
症状 : 左膝の痛み
痛み違和感のレベル(10段階) : 「9」 (当院初診時)
補足 : 1ヵ月ほど前に球場で足を組みスポーツを観戦していて、逆に足を組み替えた時に膝に激痛が走る。そのあと、膝の痛みで帰宅も困難。翌日に整骨院、整形外科で治療後も痛みが引かず約1ヶ月後の来院。
発症時とヒザの痛みは変わらず、松葉づえを使用しなければ歩行が困難。
既往歴は、4年前に軽い交通事故歴有り。反対のヒザを痛めたが特に外傷は無かったとのこと。

発症の翌日、行きつけの整骨院に行ったが改善せず。膝の周りの腫れと炎症が酷かったのでスグに整形外科へ。レントゲンにより変形性膝関節症と診断される。膝に溜まっていた水を抜く。仕事の時は、サポータを着用するがイスから立ち上がるのにも時間が掛かり、移動には松葉づえを利用。
その後、週1回のペースで約5回ヒアルロン酸を膝に注射&電気にて治療。
治療後は、少し楽になったような気がするが(レベル9⇒8)、翌日には、痛みが元に戻っていたとのこと。
「もう治らないのでは」との不安もあり、
ヒアルロン酸の治療終了の区切りで当院へ来られました。(ご紹介にて)

結論から言えば、今回のケースは発症より約1ヶ月半ほど経っていたので比較的早く結果を出せた要因でもありました。
というのも膝は、首や腰と違いほぼ全体重が掛かる部位です。
この為、炎症が酷い時に痛みのあるところへの治療は、かなり制限されてしまいす。

さて、Tさんが初診に来られた時の状況は、痛めたヒザをかばいやや前傾で補助が無ければ歩けない状態で入室されました。

問診のあと触診に移るのですが、ヒザの前に胸椎部から腰椎部が気になったのでチェック。異常な程の張りあり「何かしていますか?」問い合わせたところ
接骨院よりゴルフボール?を下に置き背中部から腰部まで体重を掛け転がすよう勧められたとのこと!
ホントですか?接骨院から?考えられません!確実に筋肉他が傷みます!
膝と並行して治療するので、スグにやめて頂くようお伝えしました。
加えて、1カ月半ほどヒザをかばいながらの生活で、全体的なバランスから治療していかなければなりません。

問題のヒザの方ですが、屈曲(曲げる)時にヒザの中心部と外側に激痛が走り
触診では、特に外側の筋肉の動きに違和感あり。
整形外科では、変形性膝関節症による痛みとの診断の様ですが膝関節の変形とは、関係が薄いように感じました。

PART 2

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, カイロプラクティック パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*