カイロプラクティックのちから

久しぶりにカイロプラクティックのお話です。
当ブログで何度かお伝えしていますが私の信頼するカイロプラクターは、めまいを治療して頂きカイロプラクティックの道へと向けて頂いたB先生とカイロプラクティック学校時代の恩師 榊原直樹DCのこのおふた方だけです。
その榊原先生は、アメリカでDC(ドクター・オブ・カイロプラクティック)の免許を取得し、日本の学校にてテクニックの講師。後にオリンピック他大きなスポーツイベントに帯同するという世界的に権威ある先生です。
榊原先生は、日本のカイロプラクティック界発展の為「日本スポーツ徒手医学協会(私も在籍)」を発足し新しい技術を日本のカイロプラクターに発信されています。

その中である動画をカイロプラクティックをご存じない方にもその素晴らしさお伝え出来ればとアップされましたので紹介させて頂きます。
日本ではまだ法制化されおらず「整体」をカイロプラクティックと称したりテクニックレベルもかなりのバラツキがあります。
勿論、動画においてもとんでもないモノや詐欺まがいの様なモノもありますので要注意です。(プロが見ればスグに分かります)

紹介する動画は海外のモノですが、榊原先生が翻訳されており(おそらく…💦)分かりやすくなっています。登場するDr.イアンは、オーストラリアのカイロプラクター。欧米やオーストラリアではお医者さんと同等の資格を有志、科学的な診断と治療。高い水準のテクニックを持っています。なかでもDr.イアンは、的確に原因を見つけ高度なテクニックで短期間に治療をしていきます。
動画にはかなり重度の腰痛の患者様。痛みにより腰の後湾が酷い状態です。
もし私がこの患者様を治療するとすれば、違うアプローチで倍以上の時間が掛かるかもしれません。勿論マダマダ未熟でありますが、この域に近づけるようスキルアップを欠かさず地道な努力あるのみです。

この動画では、治るまでの姿勢の変化は勿論なんですが、特に患者様の表情の変化を見て頂ければと思います。

2006年 榊原先生とロサンゼルスのカイロプラクティック大学前にて

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, カイロプラクティック パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*