Deep Impact at K-1 CHALLENGE 2015

数か月前からラスカルジムでも練習し始めたWajiが、
何よりもメジャーなアマ大会「K-1 CHALLENGEに出ます」と言った時点で上京を決定。

場所は…GENスポーツパレス?どこぞや?と調べると
山手線の新大久保駅が最寄りとなる。そんなディープなところに会場があるのか?
新大久保駅と言えば、言わずと知れた韓流の街。
午前11時の駅前には、お歳をめされた多くのお嬢様グループ?が目を輝かせ談笑している…(汗)
そんなことは、どー~でもよい。住宅街?の路地を通り抜けGENスポーツパレスへ。

さすが、K-1と名の付く大会です。
会場には、K-1前田憲作プロデューサーをはじめKrushの宮田代表ほかビッグネームがあちこちに歩いてます。
そんな中Wajiが、少し遅れて会場入り。計量後に旅の疲れも見せずアップを開始。
周りのアップを見れば、Aクラス、Bクラス選手の違いは明確でした。
Aクラスのレベルは、プロ並みにズバ抜けてますね。
Wajiの-70kg一般A-クラスには、魔裟斗選手が所属するシルバーウルフから3名。
他の選手もアマ大会に優勝経験のあるイカツイ猛者ばかりでした。そこを3回勝たねばなりません!
少しでも優位にとアマ大会では異例のテーピングで拳を固めてやることに。
「めちゃめちゃ動けます」とWajiの言葉通り
その後のパンチのミット打ち一発目でこちらの手が破壊されました
キックミットでは、肩をやられました…私が受ける限り過去最高の仕上がり具合です。
が、これが本場の関東で通用するのか?
心配しながらも1回戦は、新空手K-2連覇している選手。これを突破せねば…
開始直後から猛然とラッシュするWaji。相手に手を出さす暇を与えずひとつ目のダウン。
あまり詳しく書きませんが、その後もたたみかけKO勝ち。1分かかったかな?

2回戦、上井師範よりインローを出せとの指示を完全無視(重罪じゃ)
アドレナリン出過ぎで蹴りが頭の上を通過する。それでも蹴りを叩き込み
最後は、狙いすましたストレートでKO勝ち。
危ないくらいモロに顔面を貫いたので、会場はどよめきが起こりました。

2回戦を終えた時点でダメージは?と聞いたところ
「新しい脛パットで足の甲の薄皮がめくれて痛いです!小指のちょっと上です、
めっちゃ気になります!」
笑かすな!カットバンを張って最後の試合へ。

今日のWajiに「引く」という文字はない。
猛然とラッシュ!ほぼ1発も貰わずに3戦全KO勝ち!
会場は、アマ大会にも関わらず大盛り上がり!
今日、出した打撃は、練習の半分。まだ半分以上使っていない。
これを使える余裕がでてきたら…
表彰の後、 個別にK-1前田憲作プロデューサーに呼ばれWajiとひそひそと。
何言われてん?と聞くとニタニタしとる。試合内容とは180度違い、普段はナイーブなヤツなので内容は、秘密にしといたろ(笑)
しかしWaji  !!まだアマ大会で優勝だけや。次だ次っ!

この日は、Aクラスに月心会3名が出場し全員優勝。
Krush宮田代表が上井師範に「月心会さんすごいですね~」と談笑。

今回のアピールは、最大級のDeep Impactとなったに違いない。
月心会、完全復活!強い月心会が帰ってきた!

決勝戦前 ナイーブなWaji
wアップ

w和島1

強力サポーター (承諾ないのでモザ有で)
wサポーター

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, 格闘技 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*