シャレにならない!

3月&4月は、プロ・アマ共にキックボクシングのイベントが目白押し。
ラスカルジムからも沢山の選手が色んな大会にエントリーしている。
そんな中、明日3/28のプロ興業にエントリーしている”心優しい強打者”Tヒコ選手の練習のお手伝いさせてもらうことができた。ミットを持たせてもらうだけだがDr.りふれからすれば、プロ選手の練習に付き合えるというのは光栄きわまりない!
プロ3戦1KO負けなしと波に乗るTヒコだが、今回の相手はMAキックのランカーだ。相手にとって不足なし。自ずと力が入る。
2-3週間前は、追い込み練習をしていた疲労からか?まだミットを何とか持てたが、昨日の練習の時は…シャレにならない!
”試合2日前なので軽〜くコンビネーションの練習をさせて下さい。”と言ってきたので勿論OKの即答。
うぅ!どこが軽〜くだ!前回と全然違う!スピード・キレ・破壊力どれをとってもミットを持つ方がついていけない!左ミドルをを受けては宙に舞い、右ストレートには腕が飛ばされる。これが速いコンビネーションでくる。最後はミットを持つ腕が上がらない。素晴らしい仕上がり方だ!
ジムでは、Tヒコさんをはじめ、イノキ神社さん、Kザワさんとご存じS水さんなど、このあたりの上級者連中のミットを持つ時は要注意だ。
ちなみに、過去S水さんの試合に向けた練習でミットを受け続けた時は、広背筋及び起立筋の張りから立つことが困難になり、カイロの施術者(私が)がカイロプラクティック院送りとなった経験がある。だってこの人、5ラウンド位ノンストップで打ち続けるんだから……(苦)
明日は、イノキ神社もデビュー戦だし他の選手も出場予定
苦しい練習をしたことすべて出せ!そして勝ちをもぎ取るんだ!
そぅ!俺たちゃRKCチャレンジャーだ!

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, 格闘技 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*