ぷらりと ③

LAで少しだけwi-fiが繋がり(何故か一瞬だけ)メールやSNSのメッセージが届いていた。
あとで確認したら友人、同級生、常連の患者さんから…
「何処行っとんねん?」とか
「何、やってんねん?」とか
「明日、予約お願いします。」などプチ炎上気味でした(笑)

ようやくフェニックス・スカイハーバー国際空港(PHX)までたどり着いた。
疲れているが、ここからが本番!レンタカーで約200kmのドライブにチャレンジ。
PHXからレンタカー屋さんまでシャトルバスがでています。
到着したところは、ド広いロビーにいくつものレンタカー屋が並んでいる。
日本で想像していたものと全然違いました。
Hertz社のカウンターに行き日本で予約したバウチャーを見せた。
若い黒人のに~ちゃんに「ビジネスか?」など2-3の世間話的な質問をされサインを要求された。
「車は、駐車場のS-xxxにあり、車中のジュースフォルダーに鍵が入っている。3日後の14時までに車をここに返してくれ。」と言ってじっと私を見つめている。ホンの5分だ。
ぅん?それだけ??どーやらそのようだ。
きっと、車置き場で説明があるのだろうと、バカデカい駐車場に行ったら誰もいない。確かに鍵は、ホルダーにある。
ひょっとしてこれで終わり?ナビゲーションの説明なんかは?
それよりも、車を使っていいのか分からない。
もう一度、遠~~~いカウンターに戻り「使っていいのか?」と聞くと
若い黒人が笑いながら親指を立てて「OK !」
なんと、あの説明だけで終わりのようだ。
恐る恐るエンジンを掛けるとナビゲーションが立ち上がった。
容赦なく英語でしゃべっている…(汗&涙)
何とか目的地のベストウエスタン プラス イン オブ セドナを見つけ登録。
混雑する都心からフリーウェイの17号線にさえ乗ればほぼ一本道。何とかなる。
「右側通行、左に大きく、右に小さく曲がる」を呪文のように唱え、汗だくで17号線に乗り込みました。
が、いきなり大渋滞。6台ほどの玉突き事故で30分ほどロス。
明るいうちにホテルに着きたいのに…

渋滞を抜けると快適そのもの。これぞアメリカ大陸って感じの風景が続きます。
2時間ほど走ったところでナビよりフリーウェイを降りろとの指示。当初予定していた地点と違ったがナビに従うことに。そこから一般道を30分。セドナに近づくにつれ、らしき岩肌が見えてきた。取りあえずコンビニらしきところでビール&おつまみを購入。
間もなくホテル近く。すでに日が暮れている。
あらかじめストリートビューで確認していたホテル入口が見えた。
やったー!何とかたどり着いたぞ。
部屋は、GOODです。一人でじゃもったいないくらいです。
着いた途端、腹が減ってきた。
ビールが飲みたいのでロビーで歩いて行けるレストランを聞いて直行。
徒歩5分。スポーツバー的なところでスクリーンには、ワールドシリーズが写っていた。
みんなカンザスシティ・ロイヤルズのファンのようで、
ヒットを打ったりするだけでみんな吠えている。真剣に楽しんでいると言った方がいいかもしれない。
勿論、日本人は俺だけ。「俺は、青木(ロイヤルズ)の国から来たんだぞ!」と吠えてやろうかと思ったが、本日そんな陽気な気力は、持ち合わせていない。そんなことより飯!
相変わらずレストランのメニューが分からず比較的安いBBQらしきものとビールを注文。
パンかポテトか?と聞かれ興味半分に初めてポテトを選んだ。
焼き加減は?と聞かれミディアムと言ったが、シイタケかキノコらしきものは黒焦げである。
しかしビールの冷やし加減は、相変わらず世界最高峰の冷え具合。めちゃくちゃ旨い!
三本頼んでしまった。

疲れのせいか、グルんグルんに酔いが回りシャワーを浴びて爆睡…

17号線に突入
目的地まで分で表すのかな?
IMG_0531

真剣そのもの
IMG_0525

アメリカな景色
アメリカな

やっと飯に。お店の看板
看板

店内(団体客が帰った後)
店内

キノコ焦げてる~
料理

すみません、爆睡します。
IMG_0545

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, ざつだん パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*