ぷらりと ④

寝る前にも色々とあったのですが、ブログではおいときましょう。
さてさて、「テラスからの景色が素晴らしい」と評判の宿でしたが、
日が昇る少し前に目が覚め、辺はまだ薄暗い。
日が昇りテラスに出た時、「自分は、幸せ者だ!」と思いました
セドナの朝は、素晴らしい。こんな景色が拝めるとは…
岩肌や空の色、澄んだ空気に樹木の緑(こんな事を言うヤツではないんですが(笑))
見ているだけでヴォルテックスを感じます。

朝は、宿のバイキングで栄養補給。結構、美味しかったですね。
特に薄いコーヒーは、Dr.りふれにぴったりマッチです。
欲張って食べ過ぎましたが…

満腹になり、少し部屋で休んでからパワースポット巡りへ。
本日は、多くの芸能人も訪れたカセドラルロックのトレールに挑戦。
ネットでは、「最も強いパワーを体験できるポイントであり、
お手軽なハイキングコース」と目にしたので。

大雑把な地図を見ながら最寄りの駐車場に到着。
20台程しか止められない駐車場の下からカセドラルロックを一望できます。
よしゃ~、行くぞ!っと出発。
最初は、滑らかな傾斜でしたが徐々に勾配がきつくなってきた。
崖のようなところもあり、約20mおきにブレイクを入れなければ登れない。
休憩中の景色がいいものの、どこが「お手軽なハイキングコース」だ!と文句を言いながらのトライアル。
降りてくる小学校高学年くらいの子に励まされ、何とか目的地へ到着。
テレビでよく見るポイントです。(インデアンは、居ませんでしたが…)
確かに何かを感じるような気がします。
「2時間ドラマの帝王」船越英一郎は、自然と涙が出てきたそうです。
私の場合は、全身の力が抜けてすごくリラックスできました。優しい洗濯機で心が洗われているような感じです。
気が付けば、1時間半以上このポイントにいました。
さて下山。来た道を帰るのですが…確実にけが人が出てるはずです!
下りの方が危険で、けが人が多数のはずです!
洗脳されやすいのか、下山の途中でも経験のない妙な感じになりました。

頂上に長く居たせいで、時刻は14時半を過ぎてました。
お昼ご飯の時間です。日本を出て2日で、おにぎりを食べたいモードに
しかし、そんな物を売ってる気配は全くない。喫茶店らしきところで食事を。

何回も言いますが、メニューを読んでも分からない。
「BLT sandwich」これなら大丈夫と若いカーボーイ風のに~ちゃんに注文。
すると何やら聞いている?全く分からないので「普通のものでいい」
というと不思議そうな顔をしている。
どうやら2択のようなので先に言った方で「それ!」で解決。
おそらくパンの種類を聞いていたのかも…
パッサパサのパンにカリカリのベーコンだったけど美味しくて量も適量でした。
勿論、車の運転があるのでビールが飲めず。アイスティーで!

続いては、これも有名な「ベルロック」へ。
カセドラルロックから見えていたが、違うものを見てました(笑)

「ベルロックのハイキングは、ハードだ」とあったので駐車場からの撮影のみ。
ベルの形と言えばそーだが、駐車場からみたものは…
ベルロック、意外と肩透かしでした。

「ぷらりと ④」は、意外と長文になってしまったのでこの辺で。続きは⑤で!

寝起きの景色
IMG_0557

しばらくすると…
IMG_0562

朝のバイキング
IMG_0564

以外と狭い駐車場
IMG_0641

駐車場より
IMG_0575

行くぜ!
IMG_0639

ベルロックは、矢印 ↓(笑)
IMG_0579

途中の景色 1
IMG_0583

途中の景色 2
IMG_0595

途中の景色 2
IMG_0598

ヴォルテックスのパワーでねじれるらしい樹木
IMG_0597

来たぞ、ポイントへ 1
IMG_0608

このポイントに行きたいんですが、カップルが長時間占領!
矢印用

ようやく立ち退きましたが、そこに行くには…
IMG_0616

ここを通らなければ行けません。その横は…
IMG_0625

崖です(汗)
IMG_0632

空の色が違います!
IMG_0629

こんなことも、してきました(大汗)
IMG_0609

下山後は、腹ごしらえ
IMG_0642

まあまあのテイストだったBLTサンド!
IMG_0643

 

ベルロック。
見る方向がわるいのか、てっぺんのつまみが見えない。
ベル縦

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, ざつだん パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*