K崎 デビュー戦を勝利なのだが…

1/19、とうとう未完の大器の出番となった!
ラスカルジムの「パンチスナイパー」K崎のプロデビュー戦が亀岡市のガレリアかめおかで行われた。亀岡市の会場でどんな所かと思ったが…
立派な花道あり後楽園ホール顔負けのリングあり、
プロの門出を演出するには、十分だ。
亀岡リング

K崎のこの試合に対する意気込みは、すごかった!
Dr.りふれがジムへ来た時は毎回、「追い込んで下さい!」と直訴。
帰りは大丈夫かな~と心配するくらいの練習量。
とうとう試合3日前まで追い込むという荒行だった。

試合が近づくにつれて緊張するK崎。
それも致し方ない。
立派なリングにスポットライトが射し入場時にはスモークまで。
しかも相手は、プロ5戦のキャリア。

1R 相手は、距離を潰すように突進してくる。
最初は、戸惑っていたK崎だが次第に距離を取り得意のジャブ&ストレートを
HITさせペースを掴み出したところで終了。

2R なかなか前に出ないK崎にDr.りふれの「打て!」の激が飛ぶ!
そして、相手がひるんだところに連打でスタンディングダウンを奪った!

3R 後がない相手は、強引に振り回してくるがK崎は、
デビュー戦とは思えぬ冷静さで対処。
練習していた至近距離からのアッパーもヒットし終了。

判定は、もちろん3-0でK崎の勝利。
「よーやった!」と喜んでやりたいが、Dr.りふれは少し不満あり。

ミット追い込みの時、あれほど打たせたボディーが一発も出なかったことだ。
お前とカズキとT彦にボディーを打たせるのはキツいんじゃぁ~

完全アウェイでの勝利
川崎勝利01192014

デビュー戦の選手の体やないぞ!
ブログ写真 4

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, 格闘技 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*