主将 貫禄の初V 大阪キック空手 2015

11/8 洗心館で行われた月心会 大阪キック空手大会!

ラスカルジムからは、4名参加した。
全員初出場だが、なかでもRFC主将 Co-sa選手に注目が集まる!
Dr.りふれの家から会場までは、車で約10分と近いため自宅で余裕でコーヒーを飲んでいると
Co-sa主将からラインで電話が‼欠場か??と思いきや道に迷ったよーだ。
最寄駅から1時間ほどさまよったらしい…

現在地の特徴を聞くと「コーナンとイオン、スギ薬局が、ありました」
と会場から正反対で確実に2Kmは、歩いている!
手に持つコーヒーをテーブルに置き、何とかスギ薬局で主将をピックアップ。ギリギリで計量に間にあった。

迷子ウォーキングにてアップは、ほぼ終了。
試合が近づくにつれ、いつもより鋭い目になってきた。
一回戦は、Ca-sa主将、Dr.りふれもよく知るヤツの知り合いかつ月心会で黒帯の選手だ。
しかも前日は、メンテナンスで来院してくれている。

開始とともにドンドン前に出る主将。ワンツーから得意のインローとミドルもヒットする。
最後まで手を出し続けた。
前に出れるファイターとしてのスピリッツを持ち、
2分程の試合時間なら余裕で打ち続けるスタミナは、練習の賜物。
一回戦突破。

決勝の相手は、10~15cmほど身長の高い選手。
長いリーチは、厄介だ。上から叩き潰すよーなストレートを受けながらも前に出る主将。
セコンドのRFCから激が飛ぶ!本戦は、ドロー。延長戦へ。
延長戦になれば、スタミナに自信を持つCo-sa有利の展開。
この身長差がありながら練習を重ねた右フックがアゴを捕らえ火を噴いた。
初のガチ試合でこの身長差。まさか当てるとは…
明らかなダメージを奪い、見事に優勝。RFCメンバーも大喜びでした。
なかなかキックボクシングスタイルに馴染めなかったが、練習量でカバー。
上手くなる強くなるには、やっぱりヤル気と練習ですね。

今回のDr.りふれ賞は、文句なくCo-sa主将で決定。
RFCからお祝いせねば…(汗)

主将、ナイスファイト!!!
主将

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, 格闘技 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*