和島、注文通りの秒殺KO

とうとう立ち技格闘技の頂点K-1のリングまで来てしまいました。
これもひとえに…御蔭ですね!あ~さず。

当方も初のK-1でのお手伝い。会場は、いつもの後楽園ホールではなく代々木第二体育館。
今までと違いバックヤードの広~いこと💦
広いがゆえに会場入口で、選手控室への行き先を聞いたところ、係の人が説明に困ってました。そこにテレビで見た顔(*_*)K-1ジム KRESTの渡辺代表がトコトコと。
私が案内しましょうと!何と控室までエスコート頂きました。
「月心会です!」と挨拶したところ、「ぅん?和島君とこの?」とプレリミナリー選手ながら和島の名前を御存じでした。(和島、チョイとは知れとるな(笑))
渡辺代表、非常にフレンドリーでお話しやすい方でした。ありがとうございます。
しかし、広い💦ひとつ用事があれば片道100m前後の移動が必要です。

さてさて今回は、赤コーナーの控室。恐ろしいメンバーが揃ってます。
カズキと試合をした武尊選手にKENJI選手。寺戸選手に山崎選手他そうそうたるメンバーでした。

さすがは、K-1!バンテージ、テーピングも所定の場所で監視付きと決められています。
ラスカル会長がテーピングをしているその横は、相手選手が小比類巻代表にテーピングをうけてます。

今日は、プレリミナリーファイトのためバンテージチェックが終われば、試合まで時間は少し。さっそく持参したNino-mitt 2016でアップ開始。
相変わらず、こいつのミドルはエグイ!
2-3発受ければ、鼻炎は解消。
さらに膝は、軽い蓄膿症なら完治可能かもしれません。

今回、特にラスカル会長と特訓・修正してきたことが3点あり。(もちろん企業秘密ですが)それが、試合で出せるか?にDr.りふれは注目。

そう!デスクへも相手のウィークポイントや作戦を調査を依頼。LINEミーテイングで伺っていたが、意見(注文)は同じ、今後の展開も考慮して「圧倒的な勝ち」を期待すると。

アップの時点でスイッチが入っていたが、リング中央で更に険しい顔に…
1R いきなり膝を放り込む和島。更にインロー、ミドル、ハイと蹴りを打ち分ける。
もう一度、膝が入った時点で相手は下を向いている。今度は、コーナー近くに詰め2-3発 左ストレート入れ、とどめは顔面膝でドクターストップ。
注文通りの73秒で秒殺のTKO勝利。

あっけにとられたか?無表情で勝者のコールを受けていたが、花道で関西からの応援団に笑顔で手を挙げる。
この秒殺にさすがのラスカル会長もお説教に困る始末。
グローブの返却場所でも「汗搔いてないんじゃないの?(笑)」と。
さらに、M田 プロデューサーからも「早すぎるよっ!」とニヤリ(^_-)
和島の名前は、少し覚えて頂いているよーだ。

今回は秒殺TKOだったか、この勝ちで対戦相手には研究されるよーな…
まぁ、それ以上に練習やね(^_-)

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, 格闘技 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*