♪夢の途中~PART.2♪  Krush.99 (3/30/2019) 川崎真一朗

昨年末は、K-1の大舞台を勝利で〆た川崎。
今年の初戦は、Krush.99で聖地 後楽園ホールでの初勝利を狙いとメジャーでのファン獲得増を狙う☞
対戦相手は、7戦6勝(4KO)と高い勝率の瓦田選手。ディフェンス面では長身から来るヒザは、要注意と対策。オフェンス面も何度も動画を見てチェックし作戦㊙を立てた。

今回川崎の気合の入れようは半端ない!毎回、追い込みミットをおかわりに次ぐおかわり。ヘロヘロからの~~ダッシュトレで終える。このミット終わりのダッシュトレが、そこそこ厳しい。追込み期間中に何度か疲れで寝過ごして遅刻していたが、きっちりメニューはこなしていた。計量時、少々オーバーワーク気味で顔色もベストではないよーに思えたが、ウエイトはキッチリ合わせパス。

試合当日、ルーティーンとなっているスタジオでアップ。アップにはデスクも飛行機を利用してゴーゴーカレーを食ってからの参戦!。
リカバリーが上手くいったのか?顔色はすっかり戻っていた✌
何よりも’金運’の悪かったカズキファウルカップを新調しアクシデントのリスクも軽減させた。
アップでもキレっキレ!スピード、パワー共に過去最高の状態に仕上がっている。
デスクと共に「こりゃスゲェー」と唸るほど!

会場での和島、ラスカル会長との対人練習でもパーフェクト。
完璧すぎて「何か落とし穴があるのでは?」と余計な心配をするほどの状態!

雄叫びを上げてからのリングインにも戦歴を重ねるごとに良い余裕さえ感じさせる。
ゴングと同時に相手の左右のミドルをマスをするかのよーにブロック。
開始早々の15秒、右ストレートの打ち終わりにカウンターの左フックがカウンターでテンプルにHITしダウンを奪った。相手の表情はどーか?確実にダメージと焦りがある。
焦った相手は、挽回しようと想定内㊙だった攻撃で攻めてくる。今度は、相手の右ストレートを出す前にこれまたカウンターの左フックで2度目のダウンを奪う。

この後、クリンチ多発の注意を受けた相手にジワジワとプレッシャーをかける。
右ストレートで仕留めようとしたがガード固い。やはり最後も左フックで計3回のダウンを奪いKO勝ち。
勝利の雄叫びは、いつもの3倍増し!落とせない試合をKO勝ちした喜びか?珍しく目がイってしまっている(笑)

控室では、冷静になり試合を振り返った。
1R KO勝ちにラスカル会長の小言(?)も少な目だったが、Dr.りふれとしては、2-3か所あり。まぁ今日は、えぇか(笑)
ロビーでも少しずつファンに声を掛けてもらえ、よーやく聖地に馴染み始めたか?
しかし本人、浮かれることもなく、まだまだ先にある夢の途中であることを強調!
「明日から練習します」って早すぎ(笑)ちょいと身体を休めてからrestartや👊

カテゴリー: Dr.りふれの格闘技痛信, 格闘技 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*